旅を楽しむコツとアイデア対策100選

旅先で困らないために
旅に持参するモノはまだある!

荷造りのコツとアイデア5

持っていけば役立つアイテム

さらにさらに旅先で役立つモノを、どどーんと紹介していきます。

38:レジ袋を持って行く

スーパーやコンビニなどでもらえるレジ袋。最近では有料化された店も増えましたが、無料でもらえる店も多く、これがなかなか使えます。

無色透明なタイプは家で使うとして、白色などの色つきの中~大型のレジ袋は旅行バッグに1~2枚忍ばせておきましょう。
レジ袋くらいなら海外現地で調達できそうなものですが、すぐ破れてしまうので、やはり国産のものが丈夫です。

現地で着た洗濯するべき衣類を入れておくのにも使えますし、大きな荷物をホテルに置いて、手ぶらで外出する場合にも、レジ袋をポケットに入れて行けばちょっとした買い物をしても、そこに入れて持ち歩けば便利。いかにも安っぽい袋なだけにスリなどに狙われる危険性も減ります。海外だけでなく国内旅行でも使えるワザです。

レジ袋
▲捨てずにとっておくと役立ちます
(画像引用:イーシザイ・マーケット様
http://www.e-shizai.net/)

39:大きめサイズのタッパーを持参する

キッチンで活躍するタッパーウェア。ちょっと大きくて深さがあるタッパーがあるなら、ひとつスーツケースに入れて持って行きましょう。
蓋がきっちり閉って密封できるものを。

液体のボトルを入れておけば、機内などで漏れた場合でも密封タッパーがきっちりガード。
ホテルで連泊する場合にも、散らばりやすい小物類をタッパーに入れてまとめておけます。

また、帰りには壊れやすいお土産品をタオルなどでくるんでタッパーに入れてからスーツケースに詰めれば、安心。

タッパー
▲タッパーもあれば便利です
(画像引用:株式会社カジワラ
キッチンサプライ様
http://www.kajiwara.gr.jp/)

40:ミニ三脚と自撮り棒を持って行こう

数人で旅をする場合はそれほどでもありませんが、ひとり旅やふたりで一緒に写真に写りたい場合、三脚があれば便利ですよね。

プロカメラマンでもあるまいし三脚は大きすぎて荷物になる…。それもそうですが、世の中にはミニ三脚なるものもしっかり存在します。

脚部分が自在に曲がって好きな角度で撮れたり、なにかに引っかけて撮影することもできるタイプのものもあるので、あればやはり便利ですよ。

ミニ三脚
▲ひとり旅ならミニ三脚は必須です
(画像引用:価格.com様
http://kakaku.com/)

そして金属棒の先端にスマートフォンを取り付け、自分たちの姿を撮ることができる自撮り棒も人気。ただし撮影に夢中になる余り、人にぶつけてしまうトラブルが後を絶ちません。
くれぐれも人が多い場所や使用禁止の場所では使わないようにしましょう。

 オススメのミニ三脚


→さらにミニ三脚を見る

 オススメの自撮り棒


→さらに自撮り棒を見る

41:耳栓は必須アイテム

耳栓はひとり旅でも大勢の旅でも、国内旅行でも海外旅行でも必須のアイテム。

うるさい機内での睡眠はもちろん、旅先の部屋での就寝時に同室の人のいびきに悩まされることもなくなります。
車中泊の場合でも、雨天時に車のボディに当たる雨音や近くを通る車の音を気にせず眠りにつけるので、重宝しますよ。

耳栓は高性能なものが100円ショップで売られていますので、是非持って行きましょう。
あと明るい場所で寝付けない人なら、アイマスクも持って行くといいですね。

耳栓
▲耳栓は必ず持って行きましょう
画像引用:株式会社MonotaRO
(http://monotaro.tipsun.com/)
荷造りのコツとアイデア6